かいもの気まぐれサラダ

時には社畜。時にはアフター5の社会人。シェフの気まぐれサラダのように、楽しく文章書いてます。

移転しました。

約3秒後に自動的にリダイレクトします。

ストロングゼロは危険?ストゼロが社畜の僕たちに教えてくれた、たった2つの教訓

f:id:kaimo88:20180112175516j:plain

 

ごくり

 

「いやぁ!うまい!!ほんと今日もこの一杯のために仕事をバリバリ頑張ったといっても過言ではないですよね!先輩!!」

 

「そうそう、お前も分かってきたじゃないか。この一杯だ。この一杯こそ、サラリーマンの醍醐味ってもんだ。今日は俺のおごりにしてやる。たくさん飲め飲め!」

 

今日もサラリーマンはこの一杯を締めとして、笑顔えがおの笑顔100%で一日を終える。

この一杯…。

そう…。

 

この一杯のコカ・コーラで。

  

コーラ美味しいよね。コーラコーラ。

 

さておき、最近、良く聞く言葉があるんですよ。

そして、それは最近ネットでよく目にするキーワードでもあるんです。

どうやらニュースでも取り上げられて話題になっているみたいですね。

その言葉は…。

 

ストロングゼロ

 

ん?

すとろんぐぜろ?

 

「なんじゃそりゃぁっ」て最初は自分も思ってました。

どうやらお酒をあんまり飲まない人でもピーンとくる言葉みたいですね。

どうやらストロングゼロってのは、コンビニとかスーパとかでも売っている、一般的なお酒みたいです。

 

私は知りませんでした。

だからこそ、こう思いました。

 

何がゼロなんだろうと。

 

「もしかしてスポーツ飲料でカロリーゼロか!?」と。

「まぁーた新しいスポーツ飲料がでてきたのか」と。

そう思ってました。

 

しかし、違う。

圧倒的に何かが違った!!話題になっている文章と食い違う。

 

それならば。

流行っているものは調べないと気がすまない!!

話題についていきたい!!

 

気になります。

彼(ストロングゼロ)がなぜ世間の若者たちの注目を集めたのか。

その魅力がなんなのか。

 

迫ります。

とことん迫ります!!

 

ということで調べてみたんですね。

そしたら、まぁ。なんというか。

調べれば調べるほど、人間の本質がそこにあったんです。

 

ということで、今日はストロングゼロが現代を生きる人々に教えてくれた教訓を2つにまとめてみました。

  

教訓①:現代人は忙しく時間ゼロ。だからこそのコスパコスパ

 

ストロングゼロは最近、アルコール界を破竹のごとく駆け上がっている中堅商品なんです。

 

あのおじいさま方が大好きなビールをすっぱ抜き。

ちょっとおしゃれぶっているシャンパンをすっぱ抜き。

 

そして、僕らの愛するコカ・コーラの足元まで手をかけたヤカラ。

 

それがストロング・ゼロ!!

 

じゃあ、なんでそこまで流行ったのか。

前置きなしに、もうすぐにまとめてしまうと、こうだと思うんです。

 

・アルコール度数が高い

・コンビニで気軽に買える

 

要は仕事帰りにサッと変えて、一缶飲めばあっというまに酔っ払える。ってことなんですね。

私は思いましたね。

 

それってコスパめっちゃ高くね?

 

お酒が好きな人はオシャレに自宅でカクテルを作ったり、日本酒やら焼酎やらを、何やらこだわりの容器に入れて飲んだりするでしょ?

 

でもね。社畜にはそんな時間がないんです。

そんなことしてる暇はない。

そもそも夜ご飯にすら時間をかけられない人間が、お酒に時間はかけられません。

 

つまり!!

 

めんどくさいし、時間がないけど、簡単に酔っ払いたい。

 

じわじわと人気になった理由は、これにつきると思うんです。

で、そういう人たちがまずはネットで取り上げられるまでに、ストロングゼロの売り上げや話題を伸ばしていったんだと思います。

 

教訓②:人間は忘れる生き物。思考ゼロで悩みゼロ。だからこそストロングゼロ

 

さらに現代人は常にストレスに晒されているってことです。

人間、酔っぱらっていなくては真っ直ぐに向き合えないこともあります。

たまには何も考えずに思考をゼロにして一日を締めたい時もありますよね。

 

でも、そんなにお金もないし、ゆっくりお酒を飲んでいる時間もない。

だからこそストロングゼロなんですね。

 

ストロングゼロ「ゼロ」というのは…

思考はゼロ。悩みもゼロ。時間もゼロ。

だからこそストロングゼロ!!

ということでしょう。

 

まぁ、色々と思いの丈やら何やら書いてみましたが、

つまり、まとめると

 

 

社畜コカ・コーラを飲めってことです。

 

それでは

 

関連記事はこちら⇒

kaimo88.hatenablog.com